Categorry : 

House in Isesaki

伊勢崎の家
Residence+α @Isesaki Gunma
Design : Yu Yamada, Sunao Koase, Ryota Yamagishi /SNARK Inc.+ Shin Yokoo, Kakeru Tsuruta /OUVI
Construction : Soken House
Total area : 212.55㎡ (1F/106.30㎡ 2F/106.25㎡)
Completion : Jun.2020
Photo : Ippei Shinzawa

 

群馬県伊勢崎駅前に建つテナント併用住宅。高架化されたJR両毛線に隣接する敷地である。

テナント併用とすること、できる限り太陽光発電パネルを載せることがクライアントの要望であった。テナントの家賃と太陽光発電の売電で得られた収入を建設費に充てる収支計画とし、住まいに加えて駅前にコミュニティを生み出す場をつくる計画である。電車の振動とテナント-住居間の騒音に配慮し、1階部分をコンクリート造のテナント、2階部分を木造の住宅として計画した。木造部の屋根は2階の床レベルまで延長させ大きな屋根下空間を生み出しながら、最適な角度で太陽光パネルを積載している。

今後、テナントが入り屋根下空間が積極的に使われ、人々が集まることでこの建築が小さな経済圏として循環し、レンタカー/ビジネスホテル/コンビニが点在する地方郊外の駅前のリアルに何かしらの影響を与えるきっかけをつくることを目指した。